投資はリスクが付く

証券会社に口座登録しようとすると最初に必ず示されるのはリスクの説明です。
どのような証券であっても必ず大小のリスクが伴います。
社会情勢が少し動いただけで株価が影響を受けるのが証券取引ですから、そうしたリスクの変動を認識した上で投資をしなければなりません。

場合によっては元金割れする事もあり得るという事を、きちんと理解しておくべきです。
リーマンショックやバブル崩壊で、全世界に拡散した不景気の嵐は、またいつ何時起きるかわからないのです。
とはいえネット証券などの人気が出てきた事もあって、年令や性別に関係なく、投資が人々の間に浸透して来たという事は悪いことではありません。
まずはリスクとリターンの基礎知識から学んでください。
理屈が難しくてわからないという声も聞きます。
確かに難しいですが、小学生の子供から挑戦している分野ですから、食わず嫌いを起こさないで挑戦してみてください。
リターンとは証券取引の過程で発生した収益の事です。
大きく分けると“インカムゲイン”と“キャピタルゲイン”との2つになります。

インカムゲインとは債券の利息や株式などの配当による収益で、キャピタルゲインは元本の値上がりによる収益です。
投資による収益はこの2つを合計したものを意味しています。
投資を大きく行えば行ったほどリターンは大きくなりますが、損失も増大します。
この損失をリスクといいます。
投資は常にリターンとリスクのバランスをとりながら、先を見越して行う取引であるとも言えます。
今回は投資のリスクについてのお話です。



~Special Link~
リターンとリスクのバランスがいい不動産投資を提案しているサイトです。
不動産投資